【降臨タイヤ】MLBシンシナティ・レッズ所属、トレバー・バウアー選手のマクラーレンにタイヤが降り注ぐ


アメリカ・テキサス州ヒューストンでMLBシンシナティ・レッズに所属するトレバー・バウアー選手が所有するマクラーレン650Sが地元のマクラーレンディーラー内にいたところにタイヤが降ってくる事件が発生。

現地の目撃者によると、タイヤは高速道路からその6車線を飛び越えて、ディーラーの建物の壁にぶつかったあと、跳ね返りながらガラス窓をぶち破って屋内に侵入、よりによって選手のマクラーレンに着地したという。シンシナティ・レッズの投手は、その惨状の画像を共有するためにツイッターに投稿した。


幸いにも、選手やディーラーの従業員に負傷者はいなかったという。しかしながら、The New York Postによると、選手のマクラーレンは約300,000ドル(3,300万円)の価値があると推定され、選手は保険にも加入していたという。

トレバー・バウアー選手は約1800万ドル(20億円)を稼いでおり、来シーズンにはさらに稼ぐことが期待されている選手だ。
ちなみに、この写真を共有する直前に、彼はガソリンスタンドで撮影したビデオを投稿していたが、そこでは彼はまったく別の車(シボレーのコンパクトカー、スパーク)に燃料を補給し、その小ささについて冗談を言っていた。


コメントを残す