タクシーにはねられ男性が意識不明の重体 道路を横断していたとみられる 仙台市・青葉区



5月1日未明、仙台市青葉区の国道で道路を横断していたとみられる男性がタクシーにはねられ意識不明の重体です。

事故があったのは青葉区本町3丁目の国道45号線です。

1日午前3時20分ごろ、道路を横断していたとみられる男性が、仙台駅方面に向かって走っていたタクシーにはねられました。

この事故で男性は頭などを強く打ち、仙台市内の病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。

現場は見通しの良い、片側3車線の直線道路で、横断歩道はありませんでした。

警察はタクシーを運転していた運転手の分田伸栄容疑者(56)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、事故の状況を調べるとともに、男性の身元の確認も進めています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。