長良川鉄道回送列車と車衝突 酒気帯び疑いで女を逮捕 岐阜・美濃市


 20日午後11時ごろ、岐阜県美濃市の長良川鉄道第二松森街道踏切で、回送列車(1両編成)が乗用車と衝突した。列車に乗客はなく、男性運転士(38)にけがはなかった。関署は21日、乗用車を運転していた美濃加茂市太田町、自称パート、西尾亜紀容疑者(48)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、美濃市の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 署によると、現場は警報機と遮断機のある踏切。運転士の男性が、踏切内で立ち往生する乗用車を発見して急ブレーキをかけたが、列車の右前部と乗用車の前部が衝突した。

 署員が容疑者の呼気検査をしたところ、基準値を超えるアルコールが検出された。容疑を認めているという。署は同乗者がいたかなども含め、捜査している。

コメントを残す