事件

パトカー追跡後に事故って炎上 男女二人死傷 神奈川・横須賀市

Pocket



1日夜遅く、横須賀市の県道で乗用車が分離帯に衝突し、乗っていた37歳の男性が死亡したほか、女性が重体になる事故がありました。乗用車は事故直前にパトカーに追跡されていました。

県警によりますと事故があったのは横須賀市衣笠町の県道で、1日午後11時頃、乗用車が分離帯の支柱に衝突し炎上しました。
この事故で、乗っていた三浦市城山町の安西武生さんが全身を強く打つなどして死亡したほか、31歳の女性も意識不明の重体です。
事故直前、パトロール中のパトカーが左のヘッドライトが点灯していなかったこの乗用車を発見し、650メートルほど追跡していました。
しかし、乗用車が急加速したことなどから危険と判断して追跡をやめたところ、その場所からおよそ800メートル先で事故を起こしたということです。
県警は「適正な職務執行と考えているが事実関係を詳細に確認した上で、適切に対処する」としています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。