飲酒運転で事故 会社員を逮捕 「酒は飲んだが車は運転していない」名古屋市・熱田区


10日未明、名古屋市熱田区で酒を飲んで車を運転したとして、30歳の会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、同市南区の会社員、成田祐介容疑者(30)です。警察によりますと、成田容疑者は10日午前2時ごろ、酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、熱田区内の市道で中央分離帯に衝突した酒気帯び運転などの疑いが持たれています。

成田容疑者の車に同乗者はおらず、けがをした人はいませんでした。

成田容疑者の呼気からは基準を超えるアルコールが検出されていて、警察の取り調べに対しては「酒は飲んだが車は運転していない」などと容疑を一部否認しているということです。


 

1件のコメント

  1. じゃあ
    運転席に居たのは
    誰なんだよ。

    お前だろ(笑)。

コメントを残す