パトカー追跡の車が事故“ひき逃げ”で逮捕

13日未明、岩手県盛岡市でパトカーに追跡されていた車が事故を起こし、3人にけがをさせたまま、運転していた男が逃走した。警察はひき逃げ事件として捜査し、午前中に容疑者の男の身柄を確保した。

13日午前1時頃、盛岡市大通で交通取り締まりをしていた警察官が、信号無視をした乗用車を確認しパトカーで追跡した。乗用車は数百メートル離れた十字路交差点に信号を無視して進入し、左から来た乗用車と出合い頭に衝突した。



この事故で、衝突された乗用車に乗っていた40代から60代の女性3人が軽いケガをして病院に搬送された。一方、追跡された車を運転していた男は事故を起こしたあと、車を乗り捨て逃走したが、警察は午前10時半頃、盛岡市内で堂下就二容疑者(51)の身柄を確保し、ひき逃げなどの疑いで逮捕した。

今回のパトカーでの追跡について、岩手県警察本部交通機動隊の柏崎公彦副隊長は、「詳細は調査中だが、現時点では適正な職務執行であった」と話している。

 

 

コメントを残す