ニュース

【トヨタスポーツモデル】トヨタ MR2の復活よりも次世代の86が優先事項

Pocket


 新しいトヨタ86が優先事項に 

復活したトヨタMR2を楽しみにしている人々にとって、いくつかの非常に悪いニュースとなってしまうだろう。
トヨタモーターヨーロッパの営業担当副社長のマット・ハリソンは、新しいMR2は現時点では同社にとって「優先事項ではない」とAutocarに語った。その代わりに、次世代86に焦点を合わせているようだ。

トヨタスープラのチーフエンジニアである多田哲也は、同社に3車種のパフォーマンスモデルを持たせたいと考えているようで、そうなればスープラがトップモデルになり、MR2を復活させ、さらには新たなセリカも他の2車種になりうる。

新しいMR2は、おそらく他の自動車メーカーとのパートナーシップから生まれるとみられ、噂では、トヨタは車でスバルまたはポルシェに働きかけるかもしれないとされている。またMR2をEVとして復活させるという憶測さえあったようである。


スバルとトヨタは現在、次世代のBRZおよび86の開発に取り組んでおり、スープラにも劣らない優れた後輪駆動クーペを開発中とのこと。またエンジンパワーは少なくとも260psが与えられ、北米モデルのスバル・アセントなどの2.4リッター水平対向4気筒ターボエンジンを使用すると言われている。

スバルのグローバルプラットフォームでは後輪駆動をサポートできないと伝えられているものの、ただしトヨタのTGNAは、後輪駆動にも対応しており、具体的に新しいBRZと86がどのプラットフォームを使用するかについての噂はまだ明らかになっていない。

source:Autocar
https://www.autocar.co.uk/car-news/confidential/autocar-confidential-mr2-not-priority-toyota-mercedes-online-bet-and-more

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。