キャリアカーに軽自動車突っ込む 男性死亡

11日早朝、東京・練馬区で自動車を運搬するキャリアカーに軽自動車が突っ込む事故があり、男性1人が死亡した。

路上にとまったキャリアカー。荷台にある軽自動車は、元々積まれていたものではなく、後ろから突っ込んできたものだ。

警視庁によると11日午前4時過ぎ、練馬区の青梅街道で停車中のキャリアカーに軽自動車が突っ込む事故があった。この事故で、キャリアカーで作業中だった高田玲さんが軽自動車の下敷きになり、死亡した。

軽自動車の運転手で、過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕された門間裕士容疑者は、調べに対し、「居眠り運転をしていた」と供述していて、警視庁は容疑を過失運転致死に切り替えて調べる方針。

コメントを残す