新たに5件の「当たり屋」行為で男を追送検 捜査終結へ 愛知・豊田市



当たり屋行為を繰り返したとして逮捕された愛知県豊田市の男が、さらに5件の当たり屋行為をした疑いで追送検されました。

 豊田市下林町の無職 野口英一容疑者(47)は、愛知県の豊田市や長久手市内であわせて5回、自転車を走行中にわざと車にぶつかり、示談金名目などで8万円をだまし取った疑いで追送検されました。

 野口容疑者が当事者になる交通事故は、愛知県内で約70件起きていて、これまでに4回、当たり屋行為をした疑いで逮捕されていました。

 警察は、今回の追送検で捜査を終結するということです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。