74歳の男をひき逃げ容疑で逮捕 鹿児島市


27日鹿児島市で横断歩道を渡っていた男性が車にはねられた事故で警察は28日、大阪市の74歳の男をひき逃げの疑いなどで逮捕しました。

逮捕されたのは大阪市の無職、原口義昭容疑者です。

警察によりますと、原口容疑者は27日午後6時15分ごろ鹿児島市山之口町の県道で軽自動車を運転中、横断歩道を渡っていた宮崎市の40歳の会社員の男性をはねて逃走した疑いが持たれています。

男性は頭などを強く打ち病院に運ばれ、頭の骨を折るなどの重傷を負いました。

近くを通りかかった人から「男性が車にはねられ車が立ち去った」と110番通報があり、警察がひき逃げ事件として捜査していました。

原口容疑者は実家に帰省中で、警察の調べに対して容疑を認めているということです。

目撃者によりますと事故当時、横断歩道は青信号で、原口容疑者の側が赤信号だったということで、警察が詳しい経緯を調べています。

 

コメントを残す