レース用「ランボルギーニ」不正に車検通す 横浜市


公道を走行できないレース用の高級スポーツカー「ランボルギーニ」の車検を不正に通したなどとして、自動車整備業の男が逮捕された。

道路運送車両法違反などの疑いで逮捕されたのは、横浜市の自動車整備業の小林久容疑者。

警察によると、小林容疑者は2017年、公道を走行できないレース用の「ランボルギーニ・スーパートロフェオ」の車検を、書類を偽造するなどして不正に通した疑いなどが持たれている。

神奈川県警によると、レース用の車が不正に車検を取得したケースは初めてだという。

調べに対し、小林容疑者は容疑を認めているということで、警察は小林容疑者がランボルギーニの不正車検を繰り返していたとみて、詳しく調べている。

1件のコメント

  1. レース専用車を
    車検通すように
    依頼したヤツが
    1番悪い!

コメントを残す