スーパーカー

【沸点低すぎ】新人トラッカーさん、2020年式のはずが2019年式のトラックを配備されブチギレ 雇用主のフェラーリを潰したったw アメリカ・シカゴ

Pocket


ソーシャルメディアに投稿されたイリノイ州シカゴのトラック運転手による投稿では、新入りのトラック運転手が、上司との意見の相違で怒り心頭、運送会社社長のフェラーリを配備されたトラックで何度もぶつけ回した挙げ句、踏み潰すという暴挙で怒りを表したという。

事の真相はというと、希望した最新(2020年式)のトラックの配備を拒否され2019年式のトラックが配備されたことに激怒した新入りのトラック運転手が部屋を出ていったと思ったら、トラックに乗り込みフェラーリを破壊し始めた、と別のトラック運転手がソーシャルメディアに投稿したという。

いわく、「新入りには2020年式のトラックを配備すると会社が約束したが、気が変わったのか彼には最新のトラックを入手するのに相応しくないと判断され、拒否されたことに新入りがキレて社長の車にトラックを何度もぶつけて暴れだしたようだ。」と動画に収めてSNSに投稿した、と語っている。

また、「部屋を飛び出した彼はトラックに向かって走り始め、飛び乗り、狂ったかのように動かし始めたんだ。もちろん社長は彼彼を止めようとトラックに飛びついたんだけど、新入りはドアをロックさせちまい、社長は動き出したトラックから振り落とされたんだ。その後はご覧のとおり、新入りは何度もフェラーリにぶつけまくり、ボンネットに乗り上げるまで暴れまわった。」と続けた。

その後、運送会社の社長は警察に電話をかけ、駆けつけたシカゴ警察によって新入りのトラック野郎は逮捕され、現在、トラックとフェラーリの損害についての補償のため起訴されたという。

Truck vs Ferrari

破壊されたフェラーリは「GTC4LUSSO」というモデルで、フェラーリ初の四輪駆動モデルとなった「フェラーリ・フォー(FF)」の後継車で4人乗りのシューティングブレーク。

6.2リッターV型12気筒自然吸気エンジンをフロントに搭載し、690馬力で最高速335km/h、0-100km/h加速は3.4秒を誇る。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。