飲酒運転のポルシェが駐車中の車に突っ込む 運転手の消防士を逮捕 「飲酒運転をしたつもりはない」 福岡・筑紫野市


福岡県筑紫野市で、飲酒運転で衝突事故を起こした消防士の男が、現行犯逮捕されました。

酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、甘木朝倉消防本部の消防士で課長補佐の、清武忠弘容疑者(56)です。

警察によりますと清武容疑者は1日午前9時前、筑紫野市古賀の県道で、カーブを曲がりきれずに住宅の駐車場に止めてあった無人の車に衝突しました。

通報で駆けつけた警察が清武容疑者を調べたところ、呼気から基準値の6倍を超えるアルコールを検出し、酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

調べに対し清武容疑者は「31日午後9時ごろまで飲んでいた」と話す一方、「飲酒運転をしたつもりはない」と、容疑を否認しているということです。

警察は飲酒の経緯や時間を詳しく調べています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)