ガソリンスタンドの売店にピックアップトラックが特攻 商品のビールで一服後に逃走するも防カメで特定され逮捕 米・ミシガン州


先週金曜日の午前2時30分ごろにこのガソリンスタンドにフォード・レンジャーが特攻、ダイナミック入店する事件が発生。さらに運転手は人目もはばからずに散乱した商品のビールをその場でほとんど飲み始めたという。
警察の報告によると、運転していたのは24歳のウィリアムエドモンズと特定され、事故後、商品のビールで一服したあと、車を戻して逃走を図ろうとしたがトラックが建物の中にしっかりとハマってしまったため放棄するさい、証拠隠滅のために車のナンバープレートを素手で引き剥がし逃走したという。
警察は、「トラックからナンバープレートを引っ張り出して逃げることで犯罪を隠そうと必死になっていたようだが、ヤツは現在が2019年であることを忘れていたようだ。特に治安の悪いデトロイトとフリントなど、郊外にあるガソリンスタンドでは高解像度カメラが至る所に設置されているのだ。」と皮肉交じりに語った。
エドモンズは逮捕された際に犯行を認めており、危険運転と強盗、証拠隠滅の容疑で起訴され、さらに薬物使用もあわせて取り調べを受けるという。

コメントを残す