マツダCX-30について知っておくべき3つのこと



マツダがジュネーブ国際モーターショーでCX-30を発表してから数ヶ月が経った。
しかし、この小柄な新しいSUVについてはまだあまり知られていないことがいくつかある。

◇ CX-4と呼ばれない理由 

CX-30は、サイズと価格の点でCX-3とCX-5の間に位置するため、CX-4の名称を使用することは理にかなっている。しかし、中国専売モデルとしてCX-5ベースとしたCX-4という車両がすでに存在するためだ。

ブランドのまったく新しい命名法に従うところではあるのだろうが、一度限りのフェイントになるのかもしれない。
現実はしばしば予想から逸脱するということだ。後継車種はどうなるのだろう??

◇エンジンのラインナップはどのようなものか 

CX-30は、世界中でSkyactiv-Gガソリンエンジン、Skyactiv-Dディーゼルエンジン、ディーゼルのように動作するまったく新しいSkyactiv-Xガソリンエンジンのラインナップがある。さらに、この車両のハイブリッドバージョンも導入される。

◇ あえて意識した?? 

マツダは、海外市場でCX-3の販売に少し手こずるかもしれない。
通常の命名法に適っていないことも一理あるが、CX-30はインフィニティ(日産)の同じ小型SUVで海外専売モデルのQX30に名前もデザインもよく似ている。

しかしCX-30は見栄えが良く、Mazda3で設定された新しい方向性、そして高級感。運転するのがさらに楽しいものであることは間違いないため、とくに悲観することはないだろう。

コメントを残す