職質ふり切り、警察官にケガ負わせ「逃走」 逃げた盗難届の車が”ナンバープレートが無い状態”で発見される 和歌山市



10日、和歌山市で男が、警察官の職務質問を振り切り、逃走した事件で、逃走に使われた車が大阪府岬町で見つかったことがわかりました。

10日午後7時ごろ、和歌山市次郎丸にある駐車場で6月末から盗難届が出ているナンバープレートがついた車が停まっているのをパトロール中の警察官が見つけました。

車に乗り込もうとした男に警察官が職務質問しようとしたところ、男は車を急発進させ、警察官3人が軽いけがをしました。

11日午前7時ごろ、隣接する大阪府岬町で住人から「ナンバープレートが無い、へこんだ車がある」などと通報があり、警察がかけつけたところ、運転席の窓ガラスなどが割れた車が見つかり、男が逃走に使ったものと確認されたということです。

逃げた男は30歳ぐらいで、警察は公務執行妨害の疑いで引き続き行方を捜査しています。


コメントを残す