観光バスと乗用車が衝突・赤ちゃん含む7人が重軽傷 長野・塩尻市


塩尻市の市道の交差点で観光バスと乗用車が衝突し、5人が重軽傷を負いました。
午前10時すぎ、塩尻市大門の交差点で観光バスと乗用車が出会い頭に衝突し、観光バスの女性客4人と乗用車の親子3人が松本市内の病院に搬送されました。
この事故で乗用車を運転していた塩尻市広丘高出の上條美惠子さん35歳が腰の骨を折るなどの大けがをしたほか、バスに乗っていたいずれも60代の女性客4人が顔などに軽いけがをしました。
一緒に運ばれた上條さんの2人の子どもにけがはありませんでした。
バス会社によりますと、観光バスは、県内外の観光地を巡るツアーの途中で、愛知県の乗客45人と乗員3人が乗っていたということです。
現場は信号機のある交差点で警察が事故の原因を調べています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。