神奈川派遣の気仙沼市応援職員の男が懲りずに再び飲酒運転で逮捕 対向車線停止中の軽に特攻する事故 宮城・気仙沼市


10日夜遅く、宮城県気仙沼市内で酒に酔った状態で車を運転したとして、神奈川県から派遣されている職員の男が、現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは、宮城県気仙沼市ガス水道部工務課技術主幹の佐藤誠容疑者(54)です。

警察によりますと、佐藤容疑者は、10日午後11時過ぎ、気仙沼市河原田2丁目の市道で酒に酔った状態で乗用車を運転した疑いがもたれています。

佐藤容疑者の車が、対向車線にはみ出して、停まっていた軽ワゴン車に特攻し、警察が駆け付けたところ、泥酔状態だったため、現行犯逮捕されました。

佐藤容疑者は、「市内の飲食店で酒を飲んで運転した」と話しているということです。

佐藤容疑者は、神奈川県の職員で2015年から復興支援で気仙沼市に派遣されていましたが、2018年4月にも酒気帯び運転で摘発され、停職3か月の懲戒処分を受けていました。

気仙沼市は、「大変遺憾。厳正な処分を検討する」と話し、2度あることは3度あると危惧しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。