公園砂場に突然プリウスが奇襲特攻 園児かばった保育士大けが  千葉・市原市

15日午前、市原市の公園に乗用車が特攻、砂場で遊んでいた保育園児をかばった女性保育士が右足の骨を折る大けがをしました。

車種は毎度特攻でお騒がせのプリウスで、プリウスによる特攻事故は、先日も池袋の上級国民による特攻や、SAの売店に突っ込む被害など、今もってなお後を絶ちません。

15日午前10時半ごろ、「プリウスが市原市五井の梨ノ木公園の砂場に突入した」と男性から110番通報がありました。

警察によりますと、プリウスは公園のフェンスをなぎ倒し、当時砂場で遊んでいた2歳の保育園児5人と女性保育士2人に襲いかかったということです。

とっさに園児たちをかばった30代の女性保育士が車にはねられ、右の足首を骨折する大けがを負いました。

幸い、園児にけがはありませんでした。

事故を目撃した人は「音がすごくしましたって感じ。がっちゃーんと」「とにかく先生が子供をかばった。もうこうしてかばったんですってそれがねもう涙が出てきましたね」

車は公園の向かいにあるコインパーキングからスクランブル急発進したとみられていて、警察は車を運転していた市原市五井の自称無職泉水卓容疑者(65)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

調べに対し泉水容疑者は容疑を認め、「遮断機のところで車が急発進した」「なぜ急発進したかわからない」などと車やトヨタのせいにして惚けているということで、警察が事故の詳しい原因などを調べています。

なお、園児に対しては先日滋賀県であったばかりで、幼い命が脅かされる事故が続いています。

コメントを残す