また福岡 市職員、飲酒運転で逮捕 交際相手の女性が“身代わり” 福岡・北九州市 


酒気帯び運転で事故を起こし、その事実を隠そうとした疑いで、北九州市教育委員会の職員の男と、交際相手の女が逮捕されました。

酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、北九州市立図書館業務担当課長の庄展彦容疑者(59)です。

庄容疑者は先月14日午後7時半すぎ、福岡市早良区室見で酒を飲んだ状態で、コインパーキングに車を駐車しようとしたところ、向かいに止まっていた軽乗用車などに衝突した疑いがもたれています。

警察官が呼気を調べようとしたところ、庄容疑者は検査を拒否しました。

しかし、その後の血液検査や周辺の防犯カメラなどの捜査から7日朝、警察は庄容疑者を逮捕しました。

また庄容疑者と一緒にいて、自分が運転していたと、虚偽の証言していた交際相手の女も、犯人隠避の疑いで逮捕されています。

2人は容疑を否認しているということです。

1件のコメント

  1. バ課長さんも
    あと1年で定年なのに
    残念だな。

    いままでも飲酒運転
    してたんだろ?

    容赦なしでいいよ!!

コメントを残す