スリップ事故処理中 パトカーに車が特攻 千葉・稲毛区


9日夜から10日朝にかけて、千葉や東京では、路面の凍結が原因とみられる事故が相次いだ。

警察によると10日午前6時ごろ、千葉・稲毛区の国道で、警察がスリップ事故の処理にあたっているところにワンボックスカーがスリップして特攻した。止まっていたパトカーに必中し、警察官とレッカー作業員の男性がケガをした。ワンボックスカーを運転していた男性は「車が滑ってハンドルをとられた」と話しているという。

また、警視庁によると、10日午前2時すぎ、東京・練馬区では、乗用車など少なくとも13台が関係する事故があった。この事故で1人がケガをした。練馬の午前2時の気温は0.2℃で、事故当時、陸橋の路面は凍結していたという。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。