真夜中に信号のない道路で歩いて横断中の30代会社員の男性 走って来た車にはねられ死亡 愛知・知立市


 愛知県知立市で11日未明、道路を渡っていた34歳の会社員の男性が乗用車にはねられ、死亡しました。

 11日午前1時前、知立市逢妻町の県道で、信号のない道路を歩いて渡っていた刈谷市の会社員・金原佑治さん(34)が走ってきた乗用車にはねられ、およそ2時間後に死亡しました。

 警察は、乗用車を運転していた小牧市の自営業・美頭昌輝容疑者(49)を過失運転致傷の現行犯で逮捕し、今後容疑を過失運転致死に切り替えて調べることにしています。

via:東海テレビ
https://www.tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=111521&date=20200111

コメントを残す