投石されたコンクリート塊がGT-Rに直撃 運転手が死亡 米国・ナッシュビル


テネシー州ナッシュビル警察は、橋から車のフロントガラスに大量のコンクリートを投げつけた人を捜索している。

ジョー・C・シェルトン・ジュニア(54歳)は、事件が起きたときにシェルビー・アベニュー橋の近くにあるインターステート24の日産アメリカに勤務していたという。

首都ナッシュビルのメトロポリタン警察署は、「コンクリート塊はシェルトンのGT-Rのフロントガラスを貫通し彼の顔面を直撃した」と述べた。

つまり”調査のこの時点では、何者かが意図的にコンクリートの塊を投げた可能性が高い”ようであると見ている。

コンクリートの塊が男性の顔面を直撃した後、車をコントロールすることができず、道路上の別の車両に衝突し、その後、男性は現場で死亡した。

警察の調査では、コンクリートの塊は「道路の縁石によく似ている」と発表している。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。