“飲酒運転”で衝突事故 66歳男を現行犯逮捕 「ビール飲んで運転した」 ほか福岡県内で2人逮捕

10日夜から11日未明にかけて福岡県内で飲酒運転が相次ぎ、北九州市の交差点で事故を起こした男など3人が逮捕されました。

警察によりますと、10日午後11時50分ごろ北九州市八幡西区西鳴水で、一時停止を無視して交差点に進入した車が、左側から来た車と衝突しました。

一時停止を無視した車を運転していた男の呼気から基値の3倍を超えるアルコールが検出されたため、警察は酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

逮捕されたのは福岡県水巻町猪熊の伊福一男容疑者(66)で、調べに対し「ビールを飲んで運転した」などと話しているということです。

また、福岡県柳川市で松本一喜容疑者(81)が逮捕されたほか、福岡市南区では一方通行を逆走して逮捕された恒吉勇希容疑者(28)から基準値の4倍を超えるアルコールが検出されています。

 

コメントを残す