運天港に車転落、90代夫婦死亡 沖縄・今帰仁

10日午前10時20分ごろ、今帰仁村上運天の運天港で、夫婦2人が乗る軽自動車が海中に転落した。乗車していた本部町の93歳男性と90歳女性が、意識不明の状態で北部の病院に搬送されたが、正午すぎに死亡が確認された。本部署が2人の死因や事故原因を調べている。

 本部署によると男性は運転席、女性は助手席に乗っていた。軽自動車は運天港の岸壁に設置された約25センチの車止めを乗り越え、海中に転落したとみられるという。海中から引き上げられた軽自動車は、フロントガラスが破損し、車体はゆがんでいた。

車が海中に落ちるのを見た目撃者が110番通報した。消防が車中にいる2人を陸に引き揚げた。同署によると、夫婦はよくドライブに行っていたという。

 

コメントを残す