外国要人の車両が追突事故、国会前で・・・

国会前で外国の要人が乗った車が追突事故にあいました。

警視庁によりますと、午後4時10分すぎ、東京・千代田区の国会議事堂近くの路上で、来日中のタジキスタンのラフモン大統領が乗った車に随行者らが乗った車が追突しました。ラフモン大統領の車は後ろのバンパーの一部が壊れたということです。けが人はいませんでした。

車列は先導していたパトカーを含め5台が連なっていましたが、赤信号で停車した際、随行車両が追突したということです。警視庁は随行車両の前方不注意が原因とみて調べています。

コメントを残す