事故

【やっちまった…】BMW M2 シフトミスでオーバーレブ エンジン終了 ドイツ

Pocket


ドイツのBMW M2コンペティションのドライバーが、アウトバーンでの高速走行中にシフトミスを冒し、エンジンが終了するハプニングが発生した。

映像では、ドイツのチューナー「H2 Motors GmbH」によってチューンされたM2コンペティションが、ドライバーによってスロットルを固定され、およそ150Km/hオーバーで走行している状態で5速にシフトダウンしようとするも、ドライバーはうっかり誤って3速にシフトダウンしてしまい、エンジンがオーバーレブしている様子を映している。

不運なシフトチェンジの後、撮影者は「大丈夫か?」と尋ね、ドライバーはシフトレバーをニュートラルにし、ゆっくりと4速にシフト、いちおう「希望どおり」にギアが応答するも、すぐにインフォメーションディスプレイには「ドライブトレインの故障」の警告メッセージが表示され、「安全な速度で運転する」ように警告されている。

アップローダーは、「ドライバーがシフトミスでBMW M2の3.0リッターツインターボ6気筒エンジンをまるまる換装するはめになった」と述べており、さらにドライバーの過失で故障したとみなされ、換装用のエンジンは保証対象にならなかったという。まさに泣きっ面に蜂である。
このM2は585psにチューンされ、レブリミッターがオフにされていたため、故障を防ぐことができなかったという。

via:YouTube


POSTED COMMENT

  1. MAD より:

    オーバーレブ

    エンジンブローか(T_T)

    回転リミッターは
    外されてたんだね(T_T)。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。