深夜に横断歩道を渡っていてアクアにはねられる 21歳会社員が頭の骨折り意識不明の重体 名古屋市・西区


名古屋市西区の県道で10日夜、横断歩道を渡っていた21歳の会社員の男性が乗用車にはねられ、意識不明の重体です。

 名古屋市西区南川町の県道で10日午後11時半ごろ、近くに住む21歳の男性会社員が、信号のない横断歩道を歩いて渡っていたところ、走ってきた乗用車にはねられました。

 男性は病院に運ばれましたが、頭の骨を折るなどして意識不明の重体です。

 警察は、乗用車を運転していた北名古屋市の会社員・鈴木秀行容疑者を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

 現場は、片側1車線の見通しのいい直線道路で、警察が事故当時の状況を詳しく調べています。

via:東海テレビ
https://www.tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=111522&date=20200111

コメントを残す