国道106号で大型ダンプとジムニーが正面衝突 迂回路なく事故の影響で通勤時間の一帯は大渋滞 人々は困惑 ジムニーの人は軽傷のみ 岩手・宮古市


12日午前6時過ぎ、岩手県宮古市の国道106号で、大型ダンプカーと軽乗用車が正面衝突しました。この事故で現場付近は通行止めとなり、通勤時間帯とも重なったことから大渋滞となりました。

 事故があったのは宮古市蟇目の国道106号で、12日午前6時過ぎ、盛岡方面に向かっていた大型のダンプカーと宮古方面に向かっていた軽乗用車が正面衝突しました。軽乗用車の運転手がけがをしましたが、意識はあるということです。この事故でダンプカーが道路をふさいだため、片側1車線の道路は上下線とも2時間半にわたって通行止めとなりました。現場近くにう回路がないうえ、朝の通勤時間とも重なったため、身動きが取れなくなったドライバーは途方にくれていました。

(女性ドライバー)
「盛岡まで行くんですけど、ちょっとどうしようかと思っていました」

 通行止めは午前9時に解除されています。

via:IBC岩手放送
https://news.ibc.co.jp/item_38079.html

コメントを残す