散歩中の英国籍男性が重傷を負ったひき逃げ事件 37歳の男を逮捕 松山市


愛媛県松山市で散歩中の男性が重傷を負ったひき逃げ事件で、37歳の男が11日、ひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは松山市美沢の飲食店経営、栗林卓民容疑者37歳です。この事件は10日午前6時過ぎ市内宮西の市道を散歩していた市内に住むイギリス国籍の38歳の男性が後ろから来た車にはねられ左腕を骨折するなどの重傷を負ったもので、警察が逃げた車の行方を捜査していました。そして、現場周辺に設置された防犯カメラの映像などから栗林容疑者を割り出し、11日朝、ひき逃げなどの疑いで逮捕しました。調べに対し栗林容疑者は「事故を起こしたことは間違いないが壁に当たったと思った」とひき逃げの容疑を否認しているということで、警察は当時の状況を詳しく調べています。

via:あいテレビ
https://www.itv6.jp/n-st-ehime/news/NS_play.php?NewsData=assets/article/201912111084.php&path=video/201912111084.mp4&mode=1

コメントを残す