82歳婆さまが運転の車、スーパーにカミカゼ 「ブレーキとアクセル間違えたわい!」 懲りない高齢者の事故、後を絶たず 福岡・大野城市

「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」27日の昼前、大野城市で高齢者が運転する車がスーパーに突っ込みました。

けが人はいませんでした。

【リポーター】
「こちらのスーパーの柱に車が突っ込みました。運転席のドアが大きくつぶれています」

27日正午前、大野城市川久保のスーパーで店員から「店に車が突っ込んだ」と消防に通報がありました。

車を運転していたのは、大野城市に住む82歳の女性で、駐車場に車を停めようとして、建物に突っ込み柱に衝突して止まりました。

この事故で建物のガラスが割れましたが、当時店内にいた客と店員合わせて40人ほどに、けがはありませんでした。

車を運転していた女性は、首の痛みを訴え病院で治療を受けていて、警察に「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているということです。

警察が、事故の詳しい状況を調べています。

via: テレビ西日本 https://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2019092705204

はい。もうね、高齢者に免許の自主返納を期待すること自体、基本的にムリですな。

もっぱら更新を厳しくするのが関の山。

事故予備軍が明日もあさっても日本全国津々浦々、走り回るのです。地球の自転と同じように、言って聞かせてさせてみても、誰も止めることはできないのです。
単に公共交通機関を増やせばいいって問題ではない。地方のインフラ未発達の地域なんて特に。

しかも、これまたやっかいなことに昔の人は内心、マイカーはステータスと感じてる人も多いといいます。
事故を減らすことはできなくても、被害を減らす、自分の身を守る、なんてことを考えたほうが安全かも。orz


コメントを残す