【まるで香港映画】コンビニにランエボが特攻 客の女性らが軽いけが 運転手「タイヤがスリップしたぜ」 大阪市・大正区


9月16日午後、大阪市大正区のコンビニエンスストアに車が突っ込み、運転していた20歳の男性と店内にいた客1人が軽いけがをしました。

 現場のコンビニエンスストアは、車が店内に突っ込んだ状態で停止し、商品やガラスなどが散乱しています。16日午後1時半頃、大阪市大正区で、通行人から「コンビニに車が突っ込んだ」と警察に通報がありました。警察によりますと、車を運転していたのは大阪・住之江区の会社員の男性(20)で、この事故で男性は顔に軽傷を負ったほか、当時店内にいた客の女性(52)も倒れてきた棚で肘に軽いけがをしました。

 「『ドーン』と音がしたから何かぶつかったかなと。こんなことあるんやね、怖いね、落ち着かない。」(被害に遭ったコンビニの関係者)

 男性は調べに対し「タイヤがスリップした」と話しているということで、警察が事故の詳しい原因を調べています。

via: https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190916/GE00029615.shtml

 

はい。20代でランエボ。スリップが原因とのことで。。。

そもそも運転席でスリップを体感するほど、エンジンが高回転で作動していた事になりますな。
急発進しました。と素直に認めるべきですね。

この事故に限らず、老若男女、駐車場から店舗への急発進と言う、コンビニ敷地内での事故はどうして減らないのでしょうかね。
以前も若いインプレッサの事故がありましたが、フルタイム四駆だからといって車任せの明らかなオーバースピードで走った結果、アンダーで制御出来ずに路肩に突っ込んだり、壁に突っ込んだり、分かりやすい若者の無謀運転です。

特攻シーンはまるでジャッキーの香港映画のような光景だったでしょうな。

2件のコメント

    1. MADさま

      若いので憧れて買うのはいいのですが、技量も伴ってもらわないうちは仰るとおりですね。^^;

コメントを残す