道東道で大学生の車が路外逸脱5m落下 中央分離帯に衝突しはずみで路外へ 1人重体 北海道・占冠村


道東自動車道で7日夕方、男子大学生4人が乗った乗用車が道路から5メートルほど下に転落しました。この事故で1人が重体です。

 7日午後5時前、道東道上り線の占冠とトマムインターチェンジ間で乗用車が路外に飛び出して5メートルほど下に転落しました。

 乗用車には男子大学生4人が乗っていて、札幌市白石区の岡部達弥さん(20)が意識不明の重体、ほかの3人も重軽傷を負いました。

 現場は片側一車線の直線区間で、警察によりますと、乗用車が事故直前に対向車線にはみ出し、戻ろうとした際に横転、そのはずみでガードレールを越えて路外に転落したとみられています。

 警察は事故の原因などを詳しく調べています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)