名神で衝突事故 3人死亡 滋賀・竜王町


13日午後、竜王町の名神高速道路・上り線で、車3台が絡む玉突き事故がありました。
この事故で、乗用車に乗っていた男女3人が死亡しました。

13日午後1時15分ごろ、名神高速道路上り線の竜王ICから東に3キロほど進んだところで、「トラックが普通車に追突した」と消防に通報がありました。
警察によりますと、トラック2台と普通乗用車1台が衝突する玉突き事故で、3台の真ん中を走っていた乗用車1台が大破しました。
警察や消防によりますと、乗用車に乗っていたのは男女4人で、運転していた男性(26)と、後部座席に乗っていた女性(23)と女性(22)の合わせて3人が死亡しました。
また、乗用車の助手席に乗っていた男性(39)と、3台の先頭だったトラックを運転していた男性(49)が軽傷だということです。
警察は、3台の1番後ろを走っていた大型トラックの運転手(33)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、今後、容疑を過失運転致死傷に切り替えて捜査を進める方針です。
道路を管理するネクスコ西日本によると、竜王ICと八日市ICの間は工事のため走行車線が規制されていて、追い越し車線のみ走行できる状態だったということです。
事故当時、現場は渋滞していて、警察はトラックのドライブレコーダーを押収し、事故の詳しい原因について調べています。

2件のコメント

    1. 山田太郎さま

      情報ありがとうございます。
      訂正させていただきました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)