車がバイク店に特攻 62歳男性が運転 神奈川・大和市


10日午後、神奈川県大和市のバイク店に62歳の男性が運転する車が突っ込む事故があった。

バイク店の中に突っ込んだワンボックスカー。店のガラスが割れ、店内にあった数十台のバイクも奥に押し込まれ、壊れたバイクの部品が床に散らばっている。

警察と消防によると、10日午後3時前、大和市のバイク専門店「サンクチュアリー横浜大和」に62歳の男性が運転するワンボックスカーが突っ込んだ。

運転していた男性とバイク店の従業員3人にケガはなかったが、店内にいた客の男性が舞い上がったほこりを吸い込んで、のどの痛みを訴えた。

のどの痛みを訴えた事故当時、店内にいた人「(カウンターに)後ろ向きに座っていたんですけど、車が後ろからドンって、ガシャガシャンみたいな感じできた感じです。バイクがガシャガシャと車に押されて僕の方に来たという感じ」「(運転手について)早く出てと言われていましたが、運転席の方で何かされていましたね。いいから出てと言ったんですけどなかなか出てこなかった」

ワンボックスカーは、軽乗用車と接触し、その反動でバイク店に突っ込んだということで、警察が事故の原因などを詳しく調べている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)