現場にナンバープレート落とし逃走軽トラでバイクと衝突 相手に重傷負わせ逃げた疑い 結局バレて男逮捕 三重・津市


三重県津市で、軽トラックを運転中にオートバイと衝突して男性に重傷を負わせ、そのまま逃走したとして、塗装業の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、三重県津市河芸町の塗装業・古川弘晃容疑者(36)です。

 軽トラックを運転していた28日午前2時半ごろ、津市栗真小川町の国道23号線の信号交差点で、男性(25)が乗ったオートバイと出合い頭に衝突してケガをさせたにもかかわらず、そのまま逃走した疑いが持たれています。

 男性は左鎖骨や右腕を骨折するなど重傷です。

 警察は、現場に落ちていた軽トラックのナンバープレートなどから古川容疑者を突き止めました。

 調べに対し、古川容疑者は「事故を起こし、人が倒れているのをみてパニックになり逃げた」と容疑を認めているということです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)