信号のない『六差路』で軽乗用車がトラックと衝突し前部が大破 軽運転の高齢男性死亡 愛知・豊橋市



信号のない六差路で軽乗用車とトラックが衝突する事故。軽乗用車の運転手が死亡しました。

 9日正午過ぎ、愛知県豊橋市東小鷹野2丁目の信号のない交差点で、軽乗用車と2トントラックが衝突しました。

 現場は道路が6つ交わるいわゆる「六差路」の交差点で、トラックが交差点に進入した際、いずれかの方向から出てきた軽乗用車と衝突。軽乗用車のフロント部分が大破しました。

 この事故で、軽乗用車を運転していた80歳くらいの男性が全身を強く打ち病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

 警察はトラックを運転していた豊川市の鈴木高志容疑者(57)を、過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

 警察が事故の状況を詳しく調べています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。