車にはねられトラックに激突 交通整理の準備をしていた男性が死亡 岡山・備前市



5日午前、備前市の国道で48歳の男性警備員が乗用車にはねられ死亡しました。

 午前9時10分ごろ、備前市東片上の国道2号で、道路工事にともなう車線規制の準備をしていた警備員の渡辺義雄さん(48)が乗用車にはねられました。渡辺さんははねられた衝撃で、交通整理の用具を積んでいたトラックに激突し、約2時間半後に死亡しました。

 警察は乗用車を運転していた備前市の会社員、藤原俊明容疑者(40)が前をよく見ていなかったとして過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。警察の調べに対し藤原容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

コメントを残す