事故

【首都高バトル】首都高都心環状線で20代男性のホンダ・アコードがクラッシュしBMWが突っ込む アコードの運転手が死亡 東京・中央区

Pocket

5日朝早く、首都高速の都心環状線・銀座料金所近くで乗用車2台が衝突する事故があり、20代とみられる男性が意識不明の重体です。

警視庁によりますと、5日午前5時前、首都高速・都心環状線外回りの銀座料金所近くで、「乗用車同士の事故があった」と110番通報がありました。

車線変更しようとした乗用車がハンドル操作を誤って中央分離帯にぶつかり、そこへ後ろから来た別の乗用車が突っ込み、大破したということです。

中央分離帯に衝突した車には、男性2人が乗っていて運転していた20代とみられる男性が意識不明の重体、助手席にいた男性がケガをしたということです。

この事故の影響で都心環状線外回りの一部区間が通行止めになっていましたが、規制はすでに解除されています。

via:NNN(日本テレビ)

【1/5 22:00 追記】
ホンダ・アコードの運転手はその後死亡が確認されました。

POSTED COMMENT

  1. MAD より:

    亡くなった大学生さん
    無念だね。

    これから楽しいこと
    苦しいこと待っていたのに。

    アコードユーロRと
    BMWはM3だったんた。

    • BYD より:

      M3じゃないですよ。
      E92 320i 前期型です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。