小ネタ・情報・四方山話

【四方山話】緊急事態宣言の全国化で車検期間が延長されました

Pocket


暑かったり寒かったり、昨晩は関東・東北地方はまるで台風がやってきたような暴風雨でした。
まったく、体調を崩しそうです。

さて、ついに出ましたね全国に。「緊急事態宣言。」

遊戯施設などにも休業要請がでて、18日~5月6日まではパチンコ屋などもその対象となりましたが。

地方へ押し寄せる「越境パチ中」「越境ジム中」

先日所要で茨城県まで行きましたが、県内のパチンコ屋周辺の道路には千葉や東京からのパチ中毒とみられる県外ナンバーの車がたくさん。いわゆる「越境パチンコ族」

はては福島や栃木にも行っちゃったりする勢いかな。

なんでも「がまんできない」のだそうで。www
この際だから中毒からの脱出を図ればいいのに、と思うのですが、そもそも中毒と思ってないから無理かw
わかっている人はおっかなくて行きませんね。県外のパチンコ屋で感染したなんて周囲どころか職場に発覚したら村八分に遭いそうです。

さて、車の話になりますが、国の緊急事態宣言の全国化に伴って4月17日~5月31日までに車検切れを迎える車に対して6月1日までの延長がなされることが発表されました。

すでに1週間まえに7都道府県に出されていたものと同じで、先の年度末混雑緩和に続いての措置で基本は前回と同様とのことです。
自賠責は自動延長となり後払いになるとのこと。ちょっくら手続きがややこしくなりそうです。とくにユーザー車検をされる方はご注意を。

国民一人当たり10万円給付も決まりましたが、希望者(手ぇ上げた人)だけだそうで財務省の最後っ屁のような話ですが。余計なこと言わなければいいのに麻生さん。。。

あなたの一言で12兆円も使うのに国民全体の連帯感をぶち壊しましたな。
まあ、所得制限なしなので12兆円まではかからないでしょうけど。。
相変わらずこの国のトップの党は金の使い方が下手。
まあ政治家なんて経営者とは違って金の使い方は下手なほうが多いですけどね。
同じ10万円でも人によってお金って使い方でその人の素地が見えるといいますか。

この辺りをわかってないのかな。。まあ、お金に色はついてませんのでどうこういえませんが。
大切な国民の血税、赤字国債でしょうから、お金に有り難みの意味を持たせないと。
給付時期も5月下旬から6月って、遅すぎる。

この際だから繰り延べ、無税にしてくれたら絶対変わるとおものだけど。国民だって無税になったらお金使うはずです。
だいぶ違うのですけどね。。。所得税とか、消費税とか。もちろん自動車税・重量税なんかも。
もう税金名を羅列するとどんだけ税金払ってるんだか。

一度、言ってみ?「無税化」って。
言えないだろうなぁ(笑)
財務省怖いからねえ。
森友問題で安部総理も財務省に「借り」があるだろうから。

なんだか議員の歳費削減(給料カット)とかやろうとしてるみたいだけど、そんなのただのパフォーマンスにすぎませんから。

結局は議員の給与カットから派生し国家公務員、地方公務員にも及ぶのは旧民主党政権時に東日本大震災のときに明らかだったのでは。
これじゃお金使う人がいませんし、景気も変わるどころか悪くなる。
なんにもやってない議員たちの「なんかやってる」というただのパフォーマンスなだけ。

いっそ無税にして国民の所得を上げる=お金を使うとなって需要が増えて景気が回復するはずです。
需要が過多になれば少し税金を上げてあげればいい。それが消費税なわけで。
デフレ脱却になると思うのだけど、歳費削減なんかとんでもない方向違いです。
この辺はアッパーハウスの西田昌司議員が頑張ってくれていますね。自民党のガス抜きでなければ良いのですが。

と、最近の「なんにもやってない」国会議員のパフォーマンスと2Fさんにイラついてる管理人でした。

じゃ、また!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。