トヨタ、RAV4のプラグインハイブリッド車をロサンゼルスオートショーで世界初披露


トヨタ自動車は、米国で11月23日(土)から開催のロサンゼルスオートショーにおいての、RAV4のプラグインハイブリッド車をロサンゼルスオートショーで世界初披露する。
トヨタのラインナップで最も紛れもなく重要な車両の1つはRAV4であろう。そして、この愛すべきクロスオーバーは、同社のプラグインハイブリッド(PHV)ラインナップへの追加により、さらなる燃費性能の向上が期待される。
RAV4のPHVは、米国および日本では2020年夏、欧州では2020年後半の発売が予定されている。

以下、公式HPより。

2019年11月20日

TOYOTA、ロサンゼルスオートショーでRAV4のプラグインハイブリッド車を世界初披露
-クラストップレベルの加速性能。日本は2020年夏に導入予定-
ニュースリリース モデル トヨタ RAV4 イベント モーターショー 地域 米国
一括ダウンロード PDF LINEで送る other
TOYOTAは、米国で11月23日(土)から開催のロサンゼルスオートショー※1において、RAV4のプラグインハイブリッド車(PHV)である「RAV4 Prime」(米国車名・米国仕様)を世界初披露します。RAV4のPHVは、米国および日本では2020年夏、欧州では2020年後半の発売を予定しています。

新型RAV4 Prime(米国仕様)
新型RAV4 Prime(米国仕様)
RAV4は、クロスオーバーSUVのパイオニアとして1994年に発売して以来、トヨタのグローバルコアモデルのひとつとして、米国で累計約397万台、グローバルでは累計約974万台(2019年10月末時点)を販売しています。5代目となる新型RAV4は、米国では2018年末から、日本では2019年4月から発売しています。

RAV4 Primeは、RAV4の基本性能をベースに、さらなる「Fun to Drive」を追求して開発したRAV4の新しいモデルです。パワートレーンには新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用し、米国でクラストップレベルの加速性能を始めとするパワフルな走行を可能としています。電動車ならではの運転の楽しさに加えて、EV航続距離をはじめとする優れた環境性能も両立させています。

RAV4 Primeの主な特長は以下のとおり。

パワフルな走行性能と環境性能の両立
RAV4 Primeでは、様々な路面における走行安定性や意のままのハンドリング性能などのRAV4の基本性能や、RAV4のハイブリッド車のスポーティな走行性能をベースに、新開発のプラグインハイブリッドシステムを搭載することで、さらなる「Fun to Drive」を目指しました。

RAV4のハイブリッド車と同様の2.5Lエンジンを搭載しながらも、新開発の大容量リチウムイオン電池やモーターの大容量化をはじめ、高出力を可能にする新たなプラグインハイブリッドシステムにより、システム出力はRAV4ハイブリッド車を83hp(約62kw)上回るクラストップレベルの302hp※2(約225kw)を達成、加速性能は時速0-60Mile(0-96km/h)加速において5.8秒※2(RAV4のハイブリッド車は7.8秒)を達成するなど、パワフルな走行を実現しています。また、大容量リチウムイオン電池は、床下搭載とすることでRAV4と同様の室内空間を確保するとともに、低重心化により走行安定性の向上に寄与しています。駆動方式には、RAV4のハイブリッド車と同様に「E-Four」(電気式4WDシステム)を採用し、RAV4の走破性の高さを継承しています。

パワフルな走りを可能にする走行性能に加えて、新開発のプラグインハイブリッドシステムにより、EV航続距離は39Mile※3(約62km)を、燃費性能は90MPGe※3※4を達成し、またプリウスPHVと同様の「ヒートポンプオートエアコン」をRAV4 Prime向けに最適化して高効率な電力消費を実現するなど、PHVに期待される高い環境性能も実現しています。

また、大容量電池の利点を活かして災害時に役立てるよう、駆動用電池に蓄えた電力を最大1,500Wの出力で家電などへ供給できる外部給電機能を搭載しています。

スポーティでプレミアム感のある専用デザイン
エクステリアデザインにおいては、プレミアムなワイド感や低重心感を演出するため、専用ミッドグリルとロアバンパーを採用。メッシュグリルでスポーティさを際立たせ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めています。また、19インチ専用アルミホイールに大径タイヤを設定し、SUVらしい力強さと安定感を表現しています。外板色には、鮮やかで質感の高いスーパーソニックレッドを新規設定。ボディ下部をブラックに塗装し、ブラックルーフと合わせて、引き締まった印象を与えています。インテリアでは、視認性を高めるヘッドアップディスプレイや、大型9インチディスプレイオーディオをRAV4として初採用。スポーティな走行を支援するパドルシフトも設定しています。

※1
正式名称「2019 Los Angeles Auto Show」
11月18日(月)~21日(木) : プレス・トレードデー、11月23日(土)~12月2日(月) : 一般公開日
※2 米国仕様の社内測定値
※3 米国仕様の米国EPA試験法に基づいた社内測定値(日本仕様と異なる)
※4 充電した電力で走行したエネルギー消費量をガソリン等価換算し、1ガロン当たりに何マイル走行できるかを表した値

via: トヨタ自動車
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30632063.html

コメントを残す