差点前にブレーキ痕なし 千葉の2人死傷事故  千葉・木更津市



千葉県木更津市江川の県道交差点で、登校中の市立岩根小3年の女子児童2人が軽乗用車にはねられ死傷した事故で、現場の横断歩道の手前には目立ったブレーキ痕がなかったことが23日、県警への取材で分かった。

県警によると、軽乗用車の男は「ブレーキをかけたが間に合わなかった」と供述しており、減速せず2人に衝突した疑いがあるとみて詳しく調べる。

 県警によると、死亡したのは近くの安藤音織さん(8)と判明。もう1人の女児(8)は重傷だが、命に別条はない。

 事故は23日午前7時15分ごろに発生。県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で軽乗用車の自称アルバイト高山登容疑者(49)=同市請西東5丁目=を現行犯逮捕した。

2人は青信号の横断歩道を歩き、容疑者は「ボーッとしていて、信号を見ていなかった」と供述。県警は同法の過失致死傷容疑に切り替えて捜査する。

 安藤さんの遺族の男性は取材に「かわいい子だった。元気に学校に向かったのに…」と声を震わせた。

岩根小によると、2人は同じクラスで仲が良かった。ともに明るく元気で絵を描くのが好きという。

現場は通学路だったといい、校長は「普段から交通安全教育をしていたのに非常に残念なことが起きてしまった」と肩を落とした。

 高山容疑者は片側2車線の県道の左車線を直進し、左側から横断していた2人をはねた。

調べに通勤途中だったと説明。現場を目撃した住民らによると、居合わせた自衛隊員らが救護活動をしていた際、真っ青な顔をして落ち着かない様子だったという。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。