タクシーが凍結スリップし対向の軽乗用車と正面衝突 女性1人が死亡 山形・酒田市


10日午後4時半ごろ、酒田市浜中の県道で、庄内空港に向かっていたタクシーがスリップして対向車線にはみ出し、軽乗用車と正面衝突した。

この事故で軽乗用車を運転していた酒田市亀ケ崎の佐々木郁子さん(67)が頭を強く打ち、意識が無いまま病院に運ばれ約2時間後に死亡した。

死因は脳挫傷だった。

タクシーは予約客を迎えにいく途中で乗客はいなかったが、運転していた酒田市草津の曽川弘幸さん(59)が胸を打つなどし軽いけがをした。

警察によると、事故当時、路面は凍結していたと見られている。

コメントを残す