関市で小学3年の女子児童が車にはねられ死亡 「前をよく見ていなかった」 岐阜・関市


1日午後7時45分ごろ、岐阜県関市片倉町の市道交差点で、歩いて横断しようとした愛知県江南市今市場町、小学3年生中島琴音さん(9つ)が、左から直進してきた乗用車にはねられた。中島さんは全身を打ち、4時間後に死亡した。

関署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた関市居敷町、会社員横地佑治容疑者(23)を現行犯逮捕。同法違反(過失致死)容疑に切り替えて調べる。

署によると、「ぼーっとしていて前をよく見ていなかった」と認めている。現場に信号機はなかった。中島さんは近くの親類宅を訪れており、父親らと買い物に出た帰りだった。


 

コメントを残す