ガードレールに軽乗用車が衝突 男性会社員が死亡 山形・小国町


13日の朝、山形・小国町で軽乗用車がガードレールに衝突する事故があり、運転していた男性が死亡した。

13日の午前7時50分頃、山形・小国町増岡の県道で、北に向かって走っていた軽乗用車が左側にあった生け垣に接触し、そのまま道路からそれてガードレールに衝突した。

この事故で軽乗用車を運転していた小国町舟渡の会社員、塚原宏洋さん(28)が頭などを強く打ち、

心肺停止の状態で病院に搬送され、約30分後に死亡が確認された。

現場は見通しの良いゆるやかな右カーブの道路で、ブレーキ痕などは無かった。塚原さんは自宅に帰る途中だったとみられている。

警察は、塚原さんが前をよく確認せずに運転していた可能性が高いとみて、詳しい事故の原因を調べている。

2件のコメント

  1. トールワゴンの軽でこのバンパーは LA700か710の ウェイク だと思いますよ♪

    1. 匿名さま

      いつもありがとうございます。
      これほど大破していると判断しづらくなりますね。。。
      早速訂正させていただきました。

コメントを残す