高齢女性が車にはねられる死亡が相次ぐ 福岡・嘉麻市・八幡西区


福岡県内で9日、歩行者が車にはねられる事故が相次ぎ、高齢の女性2人が死亡しました。

警察によりますと、9日午後6時20分ごろ、嘉麻市岩崎の交差点で、横断歩道を渡っていた野田タキノさん(82)が左折してきた軽乗用車にはねられました。

野田さんは頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、前方不注意によって野田さんをはねてけがをさせたとして、飯塚市の自称パート従業員、野見山早苗容疑者(65)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

野見山容疑者は、「道路を渡っていた女性に気づかなかった」と容疑を認めています。

また、ほぼ同じ時間に、北九州市八幡西区皇后崎町の国道3号では、近くに住む岡田安岐さん(69)が、道路を横断中に直進する普通乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡しています。

via:KBC九州朝日放送
https://kbc.co.jp/news/article.php?id=3234034&ymd=2019-12-10

コメントを残す