自転車の中国人男性が横断歩道ではねられ死亡 福岡・太宰府市



きのう夜、福岡県太宰府市の交差点で自転車で横断歩道を渡っていた27歳の男性が、乗用車にはねられ死亡しました。

きのう午後9時半ごろ、福岡県太宰府市朱雀の国道3号の交差点で、横断歩道を自転車で渡っていた男性が、直進してきた乗用車にはねられました。

自転車に乗っていたのは、近くに住む中国国籍のヤン・クー・チャンさんで、事故の衝撃で10メートルほどはね飛ばされ、およそ2時間後に病院で死亡が確認されました。

乗用車を運転していたのは、42歳の事務員の男性で、警察はこの男性が前をよく見ていなかった疑いがあるとみて、事故の状況を聞いています。

現場は信号機のある交差点で、警察は当時、車道側と横断歩道側のどちらが赤信号だったかを目撃情報などから調べています。

コメントを残す