飲酒運転疑いで力士を書類送検 親方の知人の車使用か 福岡市


福岡県警は15日、飲酒運転による物損事故を福岡市内で起こしたとして道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで大相撲の幕下力士神嶽(24)を書類送検した。当時乗っていたのは大嶽親方(元十両大竜)の知人の車で、事故を申告していなかった疑いがあることも分かった。

 書類送検容疑は9日午前2時50分ごろ、福岡市東区志賀島で、酒気を帯びた状態で車を運転し、ガードレールに衝突した疑い。県警によると、容疑を認めているという。

 車の所有者である大嶽親方の知人が同日午前、駐車した場所とは別の位置に車が止まり、車体に損傷した跡があるのを確認。知り合いを通じて110番した。

コメントを残す