新型コルベット・スティングレー第1号車がオークションで3億円オーバーに 

本日行われたバレット・ジャクソンオークションにて、ミッドシップエンジンに生まれ変わった、シボレーコルベットスティングレイ(C8)の第1号車が、なんと300万ドル(3億3,000万円)で落札され、驚きで賑わっている。 スー

もっと読む

テスラ・モデル3 狭い道路では自動操縦が対応しきれず事故る可能性 英国で事故

ヨーロッパや日本の道路は、米国と比較するとはるかに狭い。今回紹介する動画は、イギリスでテスラ・モデル3を所有する女性で、彼女自身が任せっきりにせず、その都度自分が操縦していれば起こらなかったはずの事故映像である。自動操縦

もっと読む

父親のシェルビーGT350Rを勝手に動かした息子 急発進しガレージの壁に衝突させ阿鼻叫喚

初めて運転する車や慣れていない車を運転するときは、乗り込む前から常に注意を払う必要があるだろう。例として、こちらのフォード・マスタング・シェルビーGT350R、とある所有者の息子が勝手に始動させてガレージの壁に衝突させる

もっと読む

炎上しているBMWを通りがかったバキュームカーが「ウ◯コ」で”ネ申”消火 無事鎮火も車は異臭を放つ ルーマニア

愛車が炎に包まれるということは、起こりうる最悪の事態の1つであると皆同意できるだろう。そんなことがルーマニアのとあるBMW X6の所有者に起こった。 下のFacebookでその様子が投稿されており、BMWが道路の脇でエン

もっと読む

【最期の抵抗?】炎上しているBMWミニが無人にも関わらず、自力でエンジンスタートさせ発進しようとする衝撃映像 スロベニア

19世紀に自動車を発明して以来、人類は長い道のりを歩んできた。三輪のベンツ・パテントから、今話題のハイパーカーまで、モビリティはもはや単なる運転に限定されない時代になっている。 自動運転は、自動車産業の未来である。過去1

もっと読む

テスラのオートパイロットが夜間に信号無視してきた車を間一髪で予測 衝突事故を回避 アメリカ

人間はテスラオートパイロットほど迅速に反応することはできないといっても過言ではないだろう。 テスラのオートパイロットと他の同様の半自動運転機能が、確かにテクノロジーが行き詰ったり、ドライバーが事故につながる悪い選択をした

もっと読む

【ライコファン女子必見!】アルファロメオの新CMでキミ・ライコネンがモナコをクルーズ

現役最年長のF1ドライバーでアルファロメオレーシングに所属するキミ・ライコネンが、このプロモーションの一環として出演、CMの最後にSUVのステルヴィオとセダンのジュリアが登場するというものだ。 CMでは、ライコネンは音楽

もっと読む

【納屋モノ】今度はアメリカの納屋からデロリアンが発掘されたぞ! 32年ぶりのバック・トゥ・ザ・フューチャーだ アメリカ

納屋から数十年ぶりに発見される名車たち。 さまざまな理由で納屋に保管され、持ち主が不在となったり死亡したりでその存在が忘れ去られてしまった名車が近年、世界各地で発見されている。 発売当初は名もなき普通の車であったものが、

もっと読む

ランボルギーニ・アヴェンタドールのレプリカを3Dプリンターを駆使し制作した熱血親子の情熱にランボが公認! クリスマスに粋なサプライズエピソードを公開 米国・コロラド州

当サイトでも10月に「【模型じゃないぜ!】世界で最もホットな父親が息子のおねだりにマジでガチなランボルギーニ・アヴェンタドールを3Dプリンターで制作し始めたw  米・コロラド州」のバッカス親子に関する記事を紹介したが、も

もっと読む

【アメ車あるあるなムダ機能??】リンカーン・アビエーターが発熱式ワイパーブレードを新搭載

近年の車には基本的にはリアガラスに電熱線が貼ってあり、スイッチを押すことでガラスを温めることができるのは皆さんご存知のとおりであろう。 すでに一部の車種にはシートヒーターや、サイドミラーを温めるヒーテッドドアミラー機能も

もっと読む