【意外とすごい】ホールド型でもマグネットでもない Qi ワイヤレス車載ナノ吸着充電器「 TAXION TQI-11」が便利  

「ミト ダッシュボード」の画像検索結果
アルファロメオ・MiTo(車内)
「ミト ダッシュボード」の画像検索結果
ダッシュボード地(拡大)    これがクセ者orz

車内でのスマホホルダーを使っている方も多いかと思う。筆者もその一人である。
筆者は足車のアルファ・ミトに装着しているのだが、この車、イタリア車に有りがちだが、ダッシュボードに起伏が多く、さらになんちゃってカーボン柄のビニール生地のため、固定用の両面テープの付きが頗る悪い。
特に夏の車内が灼熱になる時期は両面テープが熱で柔らかくなりダッシュボードから脱落していたり、走行中に落下したり、両面テープの付け替えなど、いろいろ悩みが多かった。

そこで巷で評判のナノ吸着ホルダー「TAXION TQI-11」なるものを買ってみたが、これが意外と良かったので紹介する。

◇ TAXION TQI-11の特徴 

1.ホルダーでもなくマグネットでもない、ナノ吸着

「ミト ダッシュボード」の画像検索結果

TAXION TQI-11は磁石式ではないため、スマートフォンにプレートなどを貼り付ける必要がない。
また【粘着】ではなく、【吸着】することでスマートフォンを固定するので、ベタベタすることもない。汚れやホコリで吸着力が弱くなってきたら、ナノマットとスマートフォン本体の吸着部分を湿った布等で軽く拭けば吸着力が復活する。

2.回転させるのはスマホ本体だけ

従来のスマホを挟んで固定するホルダー型では、台座部分ごと回転させなくてはならず、電源ケーブルも一緒に回す必要があった。しかし、TAXION TQI-11は台座を回転させる必要がなく、スマホ本体だけ横向きに置き直せばいいだけなので、見た目も損なわず、ケーブルが邪魔になることもない。

3.台座を取り外せば平置きQi充電器として自宅でも使える

台座部分の取外しが可能なため、自宅や、外出先で、どこでもワイヤレス充電が可能。

卓上用の滑り止めマットも付属しているので、どんなシチュエーションでも快適に充電ができるのも便利。車内だけではなく、日常的に充電環境が快適になるアイテムだ。

 

同梱品
・TQI-11本体
・卓上用マット
・USB電源用ケーブル(1.5m)
・エアコン口用マウント
・両面テープマウント
・日本語マニュアル
・ナノマットクリーナー

・選べる取付方法

3種類の取付マウントが同梱される。

・ダッシュボード/窓ガラス用取付アームマウント
・エアコン吹出し口用マウント
・両面テープ式マウント

同梱品も充実しており、車内や自宅などですぐに使用できる。

※自宅等で使用する場合、コンセントやモバイルバッテリー、USBアダプターやパソコンのUSBジャックに接続すればOKだ。ただし、この商品は2A以上の電流が必要になるため、iPhone付属のアダプタなど1Aのものは利用できないので、この点のみ注意されたし。

快適な車内充電環境にぜひどうぞ。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)